" いいね " なライフをつくる。

うそはつかない。"いいね"をつくる。じゆーうな日記です。

IGTVはYoutubeを超えるか

IGTVはYoutubeを超えるか

2018/6/21に、InstagramはIGTV 縦型動画アプリを発表しました。 www.gizmodo.jp

どんなサービス・アプリ?

イメージとしては、Instagramのストーリー機能を、そのままYoutube風味かつ縦型特化(スマホ特化)にしたようなアプリです。

使ってみた感想

実際に使ってみて印象に残った点です。 * サクサク! * Instagramとのシームレスな連携

サクサク!

早速使って見た感想ですが、短時間でサクサク動画を見ることができます。 例えば、動画を探しながら動画を見るということも縦型画面ならではのUIでうまく実現されていました。

想像以上に見やすく、動画が充実してくればYoutubeの代わりに見ていてもおかしくないなと思うほどでした。

このサクサクなUXはとても重要で、AbmeTVもPC、アプリ共に相当力を入れて開発していたのが最近の例だとありました。

Instagramとのシームレスな連携

インスタグラムのアカウントとIGTVの投稿者は紐づいているので、Instagramアカウントへシームレスに移動することが可能です。 例えばこんな風にひょっこりはんの動画をみて、

アカウントをタップするとIGTVアプリのまま、ひょっこりはんInstagramアカウントページに遷移します。

IGTVはYoutubeを超えるか

IGTVの強みはこの3つではないかなと思います。

  • Facebookユーザー数並みのポテンシャルがあること
  • Instagramアカウントとのシームレスな連携
  • 縦型動画特化 (スマホ特化)

Instgramはすでに10億ユーザーを突破しています。親会社であるFacebookは23億ユーザーを突破しています。 今もユーザーは増加を続けていますし、この基盤の上にIGTVができることは大きな強みだと思います。

縦型動画はスマホ時代との親和性もあります。

先ほど書いたように、Instagramとの連携も強力です。

競合よりも棲み分け

以上の点を踏まえて、Youtubeと競合するといった記事が多く出ていますが、競合というよりは棲み分けが進むのではないかと考えています。

  • IGTV...スマホで短時間視聴
  • Youtube...大画面動画で中時間視聴

ただ、大画面よりもスマホの方がポテンシャルは大きいと思うのでもし棲み分けが進めばその意味でIGTVはYoutubeを超えるかもしれないなあと思いました!

今後どんなサービス、広がりになるのか気になります!! とても楽しいアプリでしたので、ぜひ体験してみたください!